Linuxに救われたパソコントラブル時の体験。

Linux(リナックス)が使えたことで救われた、私が実際に経験したパソコントラブル時の体験談です。

私が日頃にメインで使っているパソコンは、Windows10で標準的なスペックです。

Windows8.1から無償アップグレードしました。

メモリは多めなので、サクサク動き、快適に使っているのですが・・・

買ってから1年半くらいで、突然動かなくなりました!

まったく前兆が無く、いきなり故障。

パソコンの電源は入るのですが、ハードディスクが動いていない様子でした。

しかもBIOSが動いていない。

これはもう修理に出すしかありません。

購入した家電店に持っていくと、修理に10日ほどかかるとか。

ショック!とても困りました。

幸い自分で作成したファイルは、
いつもクラウドコンピューティングでバックアップしているので、ほぼ問題はありません。

一番困ったのは、株式投資やFXでもメインのパソコンを使っているので、
売買が出来なくなったことでした。

パソコンが使えないと、証券会社のホームページにログインさえ出来ないわけです。

もちろん相場の動きも分かりません。

テレビのニュースで、米ドル円や日経平均株価を知る程度です。

スマートフォンでも取引可能ですが、
投資のように多くの情報から判断する必要がある場合は、小さな画面では不便です。

他に持っているパソコンといえば、WindowsXP時代の物が2台だけ。

さすがにサポート期限が終了しているパソコンでは、
セキュリティー上の危険があるので、資金を動かすことには使いたくありませんw

「どうしよう?」

と思った時にすぐ気付いたのが、

「こんな時こそ、USB Linux だな」ということでした。

早速、WindowsXPパソコンにUSB Linuxを差し込み起動。

無事にUbuntu(ウブントゥ)が動きました。

これでWebブラウザが使えるので、問題なくインターネット復活しました。

結局、修理に出したパソコンが戻ってくるまでには2週間ほどかかりましたが、

その間、USB Linuxでなんとか乗り切りました。

Linuxが使えて、本当に助かった経験でした。



スポンサードリンク

スポンサードリンク






Linux初心者入門講座 TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。