スポンサードリンク

Linuxがシェアを伸ばす大チャンスになるかも?

Linuxシェアを伸ばす、利用が拡大する大きなチャンスが、2013年後半〜2014年にかけて来るかもしれません。

Linuxは、誰でも無償で使えるOSです。

でも圧倒的なWindowsに比べると、まだまだLinuxのシェア(市場占有率)は低いです。

2013年現在、いまだにWindows XPパソコンの割合が、かなり高いです。

個人でも企業でも、Windows XPパソコンを、バリバリ使っている人が多いのです。

しかしWindows XPのサポート期限は、あと半年ちょっとしかありません。

Microsoft社の公式サポートは、2014年4月8日(日本時間では9日)に終了します。

これまでにもサポート期間が延長されていましたが、とうとう終了です。

このことを忘れているユーザーは多いと思います。

ただしWindows XPのサポートが終了しても、パソコン自体は動きます。

では何が問題なのかというと、
もしOSの不具合やセキュリティーホールが見つかっても、アップデートされないことなのです。

セキュリティー上の欠点があるパソコンで、インターネットに接続するのは、恐いし危険です。

現在のパソコンは、インターネットに接続できないと、利用価値が大きく下がります。

実際には、もう使えないですよね。

勇気のある人というか、無謀な人は別ですが(笑)。

「パソコンはまだバリバリ動くのにもったいない!」
「使いやすかったのに残念だ。」
と思っているユーザーは多いはず。

そんな時におすすめなのが、Linuxパソコンに転用することです。

新しいパソコンは、Windows8にするにしても、前のパソコンは、Linuxにすることで、まだまだ使えます。

初期のWindowsXPパソコン以外なら、ほとんどがメモリー512MB以上はあるはずです。

これくらいのスペックがあれば、Linuxディストリビューションの中でも人気のある、Ubuntuが、サクサク動きます。

Ubuntu(ウブントゥ)についてはこちら

Linuxの魅力は、何と言っても無償で使えることです。

しかもディストリビューションが選べます。

サポート期間も、Linux OSのバージョンを更新することで、どんどん延長できます。

もちろんセキュリティー対策も、バッチリです。

またUbuntuをはじめ、Linuxの多くはUSBメモリーにもインストールできます。

USBメモリーから起動すれば、パソコンのOSは今の状態のまま、すぐにLinuxを試すことができます。

今回の出来事は、Linuxを試してみる、挑戦してみる良いチャンスです。

スポンサードリンク






Linux初心者入門講座 TOPへ