スポンサードリンク

Linux OSで、軽量タイプのディストリビューションをまとめてみました。

Linux OSは、Windows XPが搭載されていたパソコンの再活用に有効です。

特に軽量タイプのLinuxディストリビューションは便利です。

Windows XPは、既にサポート期間が終了しています。

そのまま使い続けるのは、セキュリティー的に危険で問題があります。

そこで注目されているLinux OSなのですが、Linuxはディストリビューションがたくさんあります。

また、それぞれ必要なパソコンのスペック(性能)が異なります。

パソコンのスペックには、CPUやメモリー、ハードディスクなど、いろいろな要素がありますが、今回はメモリーの視点で考えてみます。

Windows XPパソコンで、再活用を考えているのは、メモリーが512MB前後の機種が多いと思います。

メモリーが多い分には、問題ありませんので、メモリー256MB〜512MBを基準にします。

推奨最低環境を調べ、使えそうなLinuxディストリビューションを探してみましょう。

まず、Linux OSとしては、一般ユーザーに最も知られているのは Ubuntu(ウブントゥ)です。

知名度や書籍などの情報量で一番です。

2014年7月時点、最新安定版のUbuntuでは、 USBかDVDからブート(起動)できるパソコンで、メモリーが1GBとなっています。

これではちょっと古いXPパソコンでは無理ですね。

過去のバージョンなら、512MBで動いたのですが。

Ubuntuから派生したLinuxディストリビューションに、Lubuntu(ルブントゥ)というものがあります。

Lubuntuは、なんと最低で128MBのメモリーがあれば動くとのこと。

快適な動作環境としては、512MBとなっていますが、これなら十分使えそうです。

検討の余地があります。

次は、軽量タイプのLinuxディストリビューションとして有名なPuppy Linux(パピーリナックス)です。

Puppy Linuxを調べると、RAMが128MBで動くと書かれています。

快適な動作環境としても256MB以上とあるので、十分使えます。

軽量タイプのLinuxディストリビューションのメリットは、インストール時に必要なファイルサイズが小さいので、CDから起動できることです。

これならDVDを搭載していないパソコンや、USBから起動できないパソコンでも、Linuxをインストールできるので、大変重宝します。

他にもLinuxには、軽量タイプのディストリビューションが沢山あるので、使用目的に合わせて、調べてみると良いでしょう。

スポンサードリンク






Linux初心者入門講座 TOPへ