スポンサードリンク

Linux(リナックス)のOSについて。

Linux (リナックス)は、コンピュータ用の OS(オペレーティングシステム)の一種です。

そして OS とは、operating system の略で、コンピュータ全体を管理している基本的なプログラムのことです。

パソコンは、様々なプログラムで動いていますが、その中には共通して使われる機能があります。

例えば、キーボードやマウスからの入力を受け付けたり、ディスプレイへ表示したりする機能です。

他にもメモリーやハードディスクなど、記憶装置からの読み込み、書き込み、ファイルシステムの管理などは、各アプリケーションプログラムから、共通して使われます。

このような機能を、各アプリケーションプログラム側で、独自に用意すると、プログラムが重複するので無駄になります。

またエラー原因になるかもしれません。プログラムは量が増えるほど、エラーが潜む確率が高くなるからです。

そこで、共通で使われる基本的な機能は、OS として用意しているわけです。

すると、アプリケーションソフトを開発する時には、OSの機能を呼び出すだけで、目的の処理を簡単に、そして正確に行なうことができます。

もちろんパソコンを利用するユーザーにもメリットがあります。

ワープロソフトでも表計算ソフトでも、「開く」、「閉じる」、「保存」、「印刷」などの基本的な操作は同じです。

GUIで操作するアプリケーションソフトでは、メニューやツールバーの見た目も同じです。

そのため、一つのアプリケーションソフトを覚えれば、他のソフトも基本的な機能に関しては、迷わずに操作することができます。

もしアプリケーションソフトごとに、操作方法が異なれば、いちいち覚えるのは大変だし、戸惑いますよね。

OSには、Linuxの他にもいろいろあります。Windows や Macintosh は有名です。

Linux OS が特徴的なのは、無償、または有償でも格安で提供されていることです。

またオープンソースで公開され、ライセンスの範囲内で、改変、再配布することが可能です。だから企業も参入しやすいのです。

Linuxは、OSの中核である「カーネル」と、OSを構成する他のプログラムから出来ています。

リーナス・トーバルズ氏が無償で公開しているのは、カーネルの部分です。したがってOSが無償というわけではありません。

他のプログラムと組み合わせてOSとし、無償で配布してもいいし、有償で販売してもかまわないということになっています。

通常は、OS以外にも様々なアプリケーションソフトを含めた、Linuxディストリビューションという形態で広まっています。

スポンサードリンク






Linux初心者入門講座 TOPへ