スポンサードリンク

LinuxはUSBメモリーにインストールし、起動できる。

Linuxは、USBメモリーにインストールし、ブート(起動)できると、とても便利です。

USBメモリーにLinux環境を構築しておけば、Windows環境をいじることなく、Linuxを試すことができるので、初心者にオススメです。

Linuxは、ディストリビューションによっては、LiveCDが作成できるものがあります。これらは 1CD Linuxと呼ばれることもあります。

LiveCDは便利なのですが、持ち運びに不便だし、OSの起動に時間がかかります。

それにCD-ROMでは、設定などの変更を保存することができません。

ハードディスクに保存することは可能ですが、Windows環境(ハードディスク)を、まったくいじりたくない場合には、不向きです。

LinuxのLiveCDを作成するにしても、初心者にとっては、手間がかかります。

まず、LiveCDに対応しているLinuxディストリビューションのイメージファイル(.ISO形式)を、ダウンロードして入手しなければなりません。

そしてライティングソフトウェアを使って、CD-R、CD-RW、DVD-Rなどの光ディスクに書き込む必要があります。

その点、USBメモリーなら、コンパクトなので持ち運びに便利だし、CDに比べるとOSの起動時間が速いです。

また設定などの変更をUSBメモリーに保存することができるので、ハードディスクに影響を与えずに済みます。

LiveCDの場合は、Linuxディストリビューションのバージョンが更新するごとに、新しくCDを作り直さなければなりませんでした。

CD-Rなどのメディアが、もったいないですよね。

USBメモリーなら、何度でも書き換えが可能なので、無駄になりません。これもメリットの一つです。

したがって、普段はメインでWindowsを使い、たまにLinuxを使いたいユーザーには、USBメモリーにLinuxをインストールしておく方法をオススメします。

最近は、USBフラッシュメモリもだいぶ安くなってきました。4GBの容量なら、1,000円前後で買えます。



Linuxを試すだけなら、安いUSBメモリーで十分です。探せば1,000円以下のUSBメモリーも結構あります。

家電店のチラシに、特売で掲載されていることもあります。

USBメモリーは、何度でも書き換えが可能です。1本あれば、いろんなLinuxディストリビューションをインストールして、試すことが出来ます。

このようにメリットが多いUSBメモリーですが、実はLinuxをインストールするまでには、LiveCDを作成するより、手順が多いことが欠点でした。

LiveCDでLinuxを起動した後に、Linux側でUSBメモリーにインストールする必要があったからです。

まったくのLinux初心者には、少し難しいと思います。

しかし最近は、Windows上で、直接USBメモリーにLinuxをインストールできるソフトウェアが増えてきたので、すごく簡単になりました。しかも無料で利用できます。

今では、LiveCDを作成するより、USBメモリーに直接インストールするほうが、楽なくらいです。

次回は無料ソフトウェアを使って、簡単にUSBメモリーにLinuxをインストールしてみます。その具体的な方法について、詳しく説明します。

スポンサードリンク






Linux初心者入門講座 TOPへ